top of page

【イベントレポート】宮古島グルメツアーvol.2

宮古島ツアーから早1か月、、もう「また行きたい!」と思っております宮古島。

前回に引き続き今回も宮古島グルメをご紹介していきます♪

宮古島グルメツアーには組み込めなかったけど魅力的なお店がいっぱいです。事前に行ったロケハンはグルメツアーに組み込んだお店も含め結構な食い倒れツアーでした(笑)


●ぱんびん屋



宮古島空港からほど近いところにある天ぷら屋さん。こちらでは天ぷらのことを「ぱんびん」といい、厚めの衣がふんわりさっくり、おやつ(おつまみ)としてどんどん手が伸びそうです。


揚げたての誘惑には勝てません。。

店先で失礼してぱくついている間に、地元の方が車でいらしては「30個」とか「いくら分」と買って行かれるのを見るに、こちらの方のソウルフード的な存在なのでしょうか^^


定休日は木曜と日曜ですが、海が荒れて魚がとれない日などは営業されないこともあるそうなので、事前にお電話でお問い合わせいただけると確実です、とのこと◎


<ぱんびん屋>

〒906-0007 沖縄県宮古島市平良東仲宗根965

TEL:08017739589



●なかゆくい商店


宮古島から「伊良部大橋」を渡った先、伊良部島にある「さたぱんびん」のお店。

先にご紹介したとおり「ぱんびん」は天ぷらのことですが、「さた」は砂糖。「さたぱんびん」は沖縄でいう「サーターアンダギー」。でもここのはひと味もふた味も違うおいしさ✨

(ちなみに「サーター」も砂糖、「アンダ」=油、「アギ―」=揚げ、なんだそうですよ)


平日でも次から次へとお客様が途切れない人気店、売り切れる前にありつけて良かった~!

紅いもを使った揚げたてのさたぱんびんに、黒糖のアイスクリームをサンドした「紅いもぱんびんアイス」。サーターアンダギーってちょっと重たいイメージが拭えなかったのですが、こちらのさたぱんびんは外のさっくりした食感と中のしっとりした生地のバランスが絶妙。そしてあたたかいさたぱんびんに冷たいアイスもバランスも絶妙。夢中で食べてしまいましたが、これはアイスなしのさたぱんびんだけでも絶対おいしい、そう、「口の中の水分をもってかない」から最後まで美味しくいただけるのです。スバラシイ。営業時間は↓こちらの画像チェックしてからアタックしてくださいね。



<なかゆくい商店>

〒906-0505 沖縄県宮古島市伊良部国仲57−3


●ナガサキ屋

上記でご紹介した「なかゆくい商店」さんのすぐ近くにあるナガサキ屋さんは「黒糖カステラ」が美味。不覚にも買って帰ってきて写真を撮らないまま平らげてしまったのでお店の外観だけでも。。💦


深みのある甘さ、そして濃密でしっとりした生地。これはお茶はもちろんですがお燗酒にベストマッチなのでは。。次買ってきたら試してみたい!若しくはどなたかお試しになってレポートお待ちしてます!

濃密がゆえにお土産で複数購入するとわりとずっしりきますが、それでも買って帰りたい逸品ですよ♪

定休日は日曜日となっていますが、営業の日でも配達などでご不在のことがあるらしく、こちらも訪問前に電話で確認いただくのが確実、とおっしゃってました。


<ナガサキ屋>

〒906-0505 沖縄県宮古島市伊良部国仲85−3

TEL:0980783917



●菊栄食堂

宮古にきたら一度は食べたい「宮古そば」。でも実はいままでちゃんと宮古そば食べてなかったような💦(ホテルの朝食で食べて満足しておりました。。)

ということで今回は宮古そばを求めて「菊栄食堂」へ。


むむ、老舗感漂いすぎて扉を開くのに若干の勇気がいるぞ、と思ったのもつかの間、ガラス越しに美味しそうに食事をされる先客の方々をみて一安心、するりと席に着きました。壁には著名な方々の数多くのサイン、石原裕次郎さんのポスター、それらの中に控えめに貼ってあるメニュー。現役のピンク電話、久しぶりに見ました。


メニューは、「そば」「カレー」「トーフ」「チャンポン」「みそ汁」「やさい」「ゴーヤ」「卵焼き」「チャーハン」全て600円。こういうとき、さりげなく回りの卓確認しますよね(笑)。。

今回は初志貫徹の「そば」をチョイス。でも「チャンポン」も気になるし、「トーフ」「ゴーヤ」はチャンプルー的なものだとして、このならびの「卵焼き」も気になる~!


思っていたよりもボリューミー。だけどするする食べ進められるのはスープのおいしさなのか独特な噛み応えの麺なのか、そんなことをふんわり考えながら食べてたらいつの間にか完食。あたたかい食堂の雰囲気もあいまって心もお腹もぽかぽかです。ご馳走様でした!


<菊栄食堂>

〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里13−6


●アイスクリンカフェMi-ma

中心街から離れるととたんに休憩ポイントが減るのは島あるあるなのでしょうが、先日ご紹介したグルメツアーのメインコースを走ってみたり近隣のバス停を確認していて、そろそろ休憩したーい!というときにちょうど良いロケーションにあったこちらのカフェ。

広いテラス席からは海と空が気持ちよく、自転車があっても気兼ねなく過ごせるのはありがたい✨




「アイスクリン」をいただこうと思っていた(焼きたてのワッフルコーン美味しそうだったし)のだけど、腹ペコの誘惑に負け「オムタコライス」的なものをチョイス。中途半端な時間でもお食事メニューいただけるの、助かります。。


しっかり休憩してお腹も満たして次へ!こんど来るときはやっぱり「アイスクリン」もいただきたいです^^


<アイスクリンカフェMi-ma>

〒906-0203 沖縄県宮古島市上野宮国575−2


●まいぱり

先日ご紹介したグルメツアー、帰路のご褒美オプション(?)として立ち寄っていたこちら。熱帯果樹園ですが園内は広く移動用のカートがあるほどです。

(事前に行ったロケハンでは色々寄り道しすぎてギリギリタイムアウト💦本番でリベンジできて私が一番うれしかったりします笑)




マンゴーとパッションフルーツのアイス。オーダーが入るたびにフルーツを粉砕・攪拌して作ってくださっているような感じで、フルーツを丸ごといただいているような濃厚&フルーティーさ。そしてコーンの奥までずっしりアイス詰まってるのも何気に幸せ度高いやつですね♪17時10分前がラストオーダー、行かれる皆様は時間までに駆け込んでください!


<まいぱり>

〒906-0305 沖縄県宮古島市下地与那覇1210


●ポーク玉子おにぎりくじら

宮古島のグルメを色々調べていると時々出会う「ポーク玉子おにぎり」。これまた沖縄エリアのソウルフードなのか、、と思うとやっぱり食したくなるものでして、滞在ホテルにほど近いこちらのお店に朝から突撃!

「ポーク玉子おにぎり」にもいろいろ種類があって、迷った挙句「しそたくあん」をチョイス!今日はお刺身もありますよ^^とおすすめいただきましたが、、朝から飲みたくなってしまいそうなので(笑)豚汁セットで平和にスタート。広いイートインスペースがあるので落ち着いていただけます。


<ポーク玉子おにぎりくじら>

〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里57−46 K&G シーサイドテラス フードコート内


●BurwoodDONUTS(バーウッドドーナツ)

夕食に伺ったお店で「最近できた注目のお店」と教えていただいたこちら、翌朝早速訪問してきました。この時はまだGoogle mapでも検索できなかったので、向かいの「マミー洋裁店」を目印に。(今はGoogle先生が場所教えてくれるようになってます✨)



ふわっともっちり、しかも揚げたて^^ドーナツの重たいイメージとは裏腹に、もう一個買えばよかったと思うほどするっと入ってきます。ひっかかりの無いおいしさって大事。事前のリサーチではノーマークだったこちらのお店ですが、さすが地元の口コミ!だから旅先での飲み屋さん巡りにハマるのです。。笑


<BURWOOD DONUTS>

〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里816−2


●Blue Turtle

宮古島の海と空を愛でながらのカフェタイムならこちら。伊良部島の「渡口の浜」に隣接するカフェレストランで、いつも目の前を通りながらもカフェにはお邪魔したことが無く、今回お初のアタックです。


お食事メニューも充実していましたが、今回はフルーツのスムージーを海の目の前のテラス席でいただきます。あぁ、、このタイミングでちょっと雲が出てきてしまった💦

飲みごたえたっぷり、おかげでゆっくり過ごすことができます♪お昼の時間帯は平日にもかかわらずかなりにぎわっていて、ハイシーズンなど混雑時は整理券を配布することもあるんだそうです。サラサラの砂が忘れられない「渡口の浜」とセットでゆっくり過ごしたいポイントです。


<Blue Turtle>

〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部1352−16


さて、ここからはおまけのお酒ネタ。

宮古島は沖縄の中でも特に酒豪が多いと、宮古島出身のお客様からうかがったことがあります。真偽のほどはさておき・・・?魅力的なお店がたくさん、いつも夜が足りません笑。


●Island Brewing

各地のクラフトビールが楽しめる嬉しいお店。美味しいビールだけでなく、ナチュラルなワインやソフトドリンクなど選択肢が多いのも嬉しく、お昼から夜まで営業しているのも嬉しく、雰囲気の良い広々とした空間も良し、ホテルまで歩いてすぐな好立地も助かるしそしてありがたいことにwifiとコンセントまでお借りできるという・・!何度も大変お世話になりました。

リモートワークができる仕事だったら通い詰めてしまいそう^^;

同じハコの中にクラフトビールのお店とタコス(メキシカン)のお店が併設されているスタイルなので、お食事も楽しめます。



この日はマンゴービールともりもりメキシカンプレート(またも腹ペコでした笑)。ビールもサイズが選べたり、お食事も小ぶりなタコスもありちょい飲み派の方も安心してどうぞ!


<Island brewing>

〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里615−1 アクトホーム南


●ガリンペイロ

宮古島に行ったらここには立ち寄りたい、何とも不思議な居心地の良さがあります。

美味しいナチュラルなワイン、ビールやカクテルその他いろいろ楽しめる、誰でも受け入れてくれそうな懐の広さを感じます。この独特な緩く優しい空気感が大好き。

そしてこちら、「バー」だけどお食事も充実。真夜中にナポリタンを食べたくなる誘惑と戦うことになります。

楽しくなっちゃって写真はありませんm(__)m


<ガリンペイロ>

〒906-0012 沖縄県宮古島市平良西里567


●下地島空港

2019年に開業した新ターミナルは、コンパクトながらゆったり過ごせる工夫がされておりまして。保安検査通過後はカフェバーのような空間で飛行機を待つことができます。

そしてオリオンビールや泡盛を使ったカクテルなどのドリンク(もちろんノンアルコールも)が充実しているのが私的に嬉しいポイント♪ただ待つだけじゃない時間の過ごし方ができますよ!




まだまだご紹介したいお店、私もまだ行ったことないけど行きたいお店がありますが、長くなりすぎるので一旦このあたりで締めますね。

詳細&続きが気になる方はぜひkitchenに遊びにいらしてくださいませ~^^







閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page