*掲載以外のブランドのお取り寄せの相談や、メンテナンス、アップグレードも承りますので

お気軽にお問い合わせください。

brands

香川県に本拠を置く日本ブランド「TYRELL(タイレル)」洗練されたデザインと圧倒的な走行性能、妥協なき生産クオリティが魅力。ミニベロ(小径車)や折りたたみモデルが代表的ですが、近年クロモリロードバイクもラインナップしており将来性のあるブランドです。シンガポールやタイなど東アジア圏ではレースイベントが盛んで上位に入賞するTYRELLが圧倒的な人気を誇ります。

TYRELL(タイレル)

http://www.tyrellbike.com/

千葉県は若葉区に本社があるモーターバイクのカスタムショップが前身の異色のメーカー。創業者の不慮の事故によりバイク業界から「スポーツ競技用車椅子(車いす)」事業を始め、パラリンピックで目覚ましい活躍を続ける国枝選手やトラック競技でも輝かしい戦歴を支えています。自転車事業部はOXイズムが注ぎ込まれ「斬新」で「機能的」かつ「カッコ良さ」を追求し、多くのファンを魅了しています。
モノ作りに対して妥協しない誇り「MADE IN JAPAN」がココにあります。

OX bikes(オーエックス バイクス)

http://oxgroup.co.jp/bicycle

折りたたみ自転車ブランドのパイオニア的存在で創業から30年を超える歴史あるブランド。3ステップの簡単な折りたたみ方法が特徴的で多くの折りたたみ自転車の見本となっています。安価な類似機種(OEMモデル)が多数存在するが、ジャパンモデル(輸入代理店アキボウ)はパーツセレクトやカラーリングをこだわり本物を貫いています。
カスタマイズ次第では本格的なスポーツバイクにも引けを取らない潜在能力を秘めているのも根強いファンを熱中させる魅力です。

DAHON(ダホン)

http://www.dahon.jp

イタリアのトリノ郊外で1948年にスタートした名門ブランド。「GIOSブルー」と称される濃いブルーがブランドカラーでイタリアの工房でハンドメイドされている伝統的なクロモリフレームが代表的。本格的なカーボンフレーム、スポーティーなミニベロ、日常使いができる街乗りクロスバイクまで多彩なジャンルを網羅します。
 

GIOS(ジオス)

http://www.job-cycles.com/gios

*掲載以外のブランドのお取り寄せの相談や、メンテナンス、アップグレードも承りますので

お気軽にお問い合わせください。

スイスを代表する元ロード・シクロクロス選手「ブルーノ・ダルシー」が日本メーカーダイアテックプロダクツと共同開発を行ったブランド。ミニベロを中心に2007年からスタートし「日常にワクワク」をテーマに洗練されたフレームデザインから細かい材質にわたるまでこだわりが詰まっています。

BRUNO(ブルーノ)

http://brunobike.jp/

2015年で40周年を迎える世界的に有名な折りたたみ自転車「BROMPTON」不変的なデザインと圧倒的なコンパクトさで多くのユーザーを魅力しています。厳格な管理のもと生産を一貫してイギリスで行う「モノづくり精神」にもブランドのこだわりが詰まっています。「一生もの」が過言ではないタフな作りと味のあるフォルムのBROMPTONは日常使いから旅行まで幅広いシチュエーションであなたの相棒として活躍するでしょう!

BROMPTON(ブロンプトン)

http://www.mizutanibike.co.jp/brand/brompton/

BROMPTON believe

山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」だと。トーキョーバイクはそのネーミングを思いついたときから全てが始まりました。

自転車を意識せず風景や空気の匂いを感じるためのデザイン、テーマは " TOKYO SLOW "。そこからフレームをデザインし、使用するパーツを一つ一つ吟味しました。そうしてできあがったのがトーキョーバイクなのです。

tokyobike(トーキョーバイク)

https://tokyobike.com

BROMPTON believe